2017年6月 7日 (水)

紫陽花、砂山-移調ピースの新譜

日本歌曲の新譜、今回は2曲出版しました。
「紫陽花」(作詩 北山冬一郎、作曲 團伊玖磨)と「砂山」(作詩 北原白秋、作曲 山田耕作)です。

Photo_2

 

6月に入りました。
街のあちこちで、紫陽花を見かけます。
街に溶け込むような、しっとりとした淡い色の花。この時期の華やかで際立つ薔薇の花やピンクの濃いつつじとは違い、紫陽花には穏やかで落ち着いた雰囲気があります。
團伊玖磨の「紫陽花」は、「そのひととめぐりも逢はず そのひとと語らふを得ず」と、どこか不安定さを感じる旋律で始まります。
切ない心の動きとともに始まった曲は、しかし、最後の「紫陽花の花は咲くなり」では、控えめながらしっかりと花を咲かせている紫陽花の心の強さを感じることができます。



 

「砂山」と聞くと、2曲の違うメロディが頭に浮かぶ人も多いと思います。
今回の「砂山」は、1923年、山田耕作が作曲した作品です。中山晋平の曲も有名で、こちらは1922年に作曲されました。
わたしが小さい頃よく歌ったのは中山晋平の曲で、穏やかな「砂山」でした。
山田耕作の「砂山」は、「海は荒海 向こうは佐渡よ」の風景を、波の音と共に想像することができるようなスケールを感じることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

恋とはどんなものかしら「フィガロの結婚」より-移調ピースの新譜

移調ピース(オペラ)新譜のお知らせです。

モーツァルトの「フィガロの結婚」より「恋とはどんなものかしら(Voi che sapete)」です。

女性が声楽を勉強し始め、最初に歌うアリアとして、「Voi che sapete」という人は多いのではないでしょうか。
わたしが初めて歌ったアリアも、この曲でした。
第二幕に、伯爵の小姓の青年ケルビーノが伯爵夫人に歌うアリアです。

音域が、最低音ド・最高音ファと歌いやすいため、移調ピースに取り上げていなかったのですが、オペラのアリアとしては欠かせない曲ですので、今回出版することにしました。

「"ケルビーノ"といえば、アグネス・バルツァ」の印象があります。
お聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

かやの木やまの-移調ピースの新譜

久しぶりに、新譜のお知らせです。

日本歌曲「かやの木やまの」が移調ピースに加わりました。
作詩 北原白秋、作曲 山田耕作の作品です。

この二人が作った歌曲「この道」「からたちの花」も、移調ピースで販売しています。

鮫島有美子さんの「かやの木やまの」をお聴きください。


この曲の演奏を探していたら、興味深い演奏が見つかりました。
1928年、藤原義江さんの演奏です。(伴奏は、山田耕筰と書かれています)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

コンサートのご案内-「鈴木憲夫の世界2」

Photo

2013年11月に行われた「鈴木憲夫の世界」の第2回コンサートです。
2013年のコンサートでは、混声合唱、女声合唱、少年少女の合唱など様々な合唱団が出演しましたが、今回は女声合唱団のみの演奏となっています。
9つの女声合唱団が、初期作品「永訣の朝」から「レモン哀歌」まで、「鈴木憲夫の世界」をうたいます。
鈴木憲夫氏も、ゲストとして参加されます。

2017年5月13日、13:00開場、14:00開演。全自由席1,500円です。
なお、未就学児の入場はできません。

お問い合わせとチケットの購入は、090-6063-4132(中島理恵)までお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

夕星の歌 「タンホイザー」より-移調ピースの新譜

今年最初の移調ピース(オペラ)新譜のご案内です。

ワーグナーの「タンホイザー」より「夕星の歌(O du mein holder Abendstern)」です。
第3幕にタンホイザーの友人ヴォルフラム(バリトン)が歌うアリアです。

オペラの一場面の「夕星の歌」をご覧ください。




昨年もたくさんの方に移調ピースをご利用いただきました。
どうもありがとうございました。
年々、ピースをご利用いただく方が増えていて、とてもうれしく思っています。
ブログでご紹介できませんでしたが、昨年には以下の3曲が新譜として加わりました。
 「ルサルカ」より 月に寄せる歌(ドボルザーク)
 「ルイザミラー」より 静かな夕べに星空を見ていたとき(ヴェルディ)
 「セビリアの理髪師」より 今の歌声は(ロッシーニ)
また、日本歌曲は11曲になりました。

移調ピースだけでなく、移調のお申し込みもたくさんいただくようになりました。
お急ぎの場合はできるだけご希望に添うよう努力いたしますが、できましたら納品に1週間程度いただけるよう、早めにご連絡いただければありがたく存じます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

ピアノソロ譜-プッチーニ・オペラアリア-出版のお知らせ

福田楽譜出版部では、「ピアノ· ソロ ⁄ プッチーニ· オペラアリア」を出版しました。定価756円[本体700円+税]です。

静間弘之氏編曲の作品は、福田楽譜では11曲目となります。
今回は、プッチーニの有名なオペラ・アリア3曲をピアノ・ソロ・アレンジで出版しました。
内容は、歌劇"ジャンニ・スキッキ"から「私のお父さん」、歌劇'蝶々夫人"から「ある晴れた日に」、歌劇"トゥーランドット"から「誰も寝てはならぬ」の3曲です。

楽譜・演奏サンプルが、福田楽譜のHPにあります。
オーケストラ伴奏のアリアを思わせるアレンジです。
是非、お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

ちょっと変わった移調ピースのご注文

当社、福田楽譜ではみなさまに「移調ピース」をお買い上げいただいていますが、先日、私たちが想像していなかったご注文をいただきました。
「歌の部分をトランペット(Bb管)で吹けるように、移調をお願いします」とのこと。
なるほど、同じ「移調する」でも、一般にいう「移調」と移調楽器のための「移調」は違います。

トランペットやクラリネットなど、管楽器には移調楽器と言われる楽器があります。
(「移調楽器」について詳しくは、wikipediaをご参照ください)
たとえば、トランペットのBb管とA管では、それぞれの管用の楽譜に書かれている「ド」の音を吹いたときに実際に鳴る音が異なります。

Newtxt2Bbnewtxt2  Anewtxt2

今回は、Bb管のトランペットが楽譜通り弾けば、歌をうたったときと同じ音が出るように移調して欲しいとのご注文でした。
上に書いたように、Bb管のトランペットで楽譜の「ド」を吹くと、「♭シ」の音がでます。
 jpg(Bb管の音階)
ピアノで弾いた楽譜の「ド」と同じ音をBb管トランペットで鳴らすためには、楽譜では「レ」の音にしないといけません。つまり、長2度上に移調するということになりますね。
今回の移調では、「原調のまま」ということだったので、ピアノパートの移調は必要ありませんでした。 

こんな楽譜になりました。   

普通の楽譜
Lakmetop

  Bb管への移調譜
Lakmebbtop

 

管楽器演奏者のみなさまのご注文も、お待ちしています!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

キャストパズル

昨年、引っ越しのために荷物の整理をしていたら、こんなものが見つかりました。

1     2

HANAYAMAのキャストパズルです。
キャストパズルとはいわゆる「知恵の輪」なんですが、金属製で形もきれいで、手に取って触っていると重くつるつるした感触がなんとも心地よく感じられます。

このキャストパズル、名前は「キャストハーモニー(CAST HARMONY)」。
HANAYAMAのキャストパズルは難易度が6段階あり、難易度5、6になると、わたしには偶然上手くいった場合しか外すことができません。
このHARMONYは難易度が2。やさしいけれど、楽しいパズルです。
ト音記号も八分音符もとても美しい形をしていますね。

当社スタッフが先日これを見つけて、仕事中に外すことはできたものの、その場でもう一度元に戻すことができず、家に持って帰り、一晩かけて元に戻して今日持ってきました。

この形、福田楽譜にぴったりのパズルですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。
今日から、仕事始めとなりました。

新しい事務所に移って、初めての年明けです。
今年も、みなさまと共に歩んでいきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

沙羅の木合唱団の演奏会

09
先日、「山田耕筰先生没後50年記念演奏会」をご紹介しましたが、12月終わりに、山田耕筰氏の作品を演奏するコンサートが、もう一つあります。

「沙羅の木合唱団演奏会」が、12月23日(水・祝) 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールで行われます。
今年で第9回になる「沙羅の木合唱団演奏会」は、平成8年イシハラホールで第一回リサイタルを開催し、現在に至っています。
沙羅の木合唱団は、平成3年に相愛大学音楽学部の卒業生が集まり、結成されました。音楽学部第一期生のときの学部長が山田耕筰氏であったご縁から、コンサートではいつも、山田耕筰氏の作品をプログラムに入れて演奏しています。
今回、山田耕筰氏の作品としては、「みぞれに寄する愛の歌」「夢の歌」「薔薇の花に心をこめて」他を演奏します。
その他、ミサ曲・日本叙情歌などもお楽しみください。
13:30開場、14:00開演で、入場料は\2,000です。

当合唱団は、12月1日の「山田耕筰先生没後50年記念演奏会」にも出演されます。
伝統ある合唱団の演奏を、どうぞお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コンサートのお知らせ