2019年11月29日 (金)

日本歌曲「北秋の」、グノー「花の歌」、アーン「私の詩に翼があったなら」-移調ピースの新譜

11月の移調ピース新曲です。

日本歌曲「北秋の」
    清水重道作詞・信時潔作曲、組曲「沙羅」の中の1曲です。
    「沙羅」は8つの曲から成る歌曲集で、1936年に作曲されました。
    小川明子さんの演奏です。

グノー作曲 "ファウスト"より「花の歌」
    オペラ"ファウスト"第三幕で歌われるアリアです。
    村の若者ジーベルが恋するマルグリートに、摘んだ花を贈ろうとしますが、すぐ枯れてしまいます。悪魔メフィストフェレの魔法だと知ったジーベルは聖水に手を浸し、その手で花束を作って、彼女への想いを歌います。
    ジーベルは若い男性ですが、メゾ・ソプラノがその役を担います。
    今回は、女声・男声の両方のアリアをお聴きください。

アーン作曲「私の詩に翼があったなら(si mes vers avaient des ailes)」
    レイナルド・アーンは1875年生まれのベネズエラの作曲家です。彼は3歳のときに家族でパリに移り、1885年10歳でパリ音楽院に入学。この曲は1887年、彼が12歳のときに作曲した曲です。歌詞はレ・ミゼラブルで有名なヴィクトル・ユゴーに依るものです。
    タイトルを見て、知らない曲だと思っている方も、聴いてみればきっとご存じの曲だと思います。
    「あなたのところへ飛んでいくだろう、もしぼくの詩に翼があれば・・・」という内容です。

 Suzan Grahamの演奏です。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

コンサートのご案内-「第2回森の秋コンサート」

               20191123_20191112151501

「くどやま森の童話館主催 第2回森の秋コンサート」のご案内です

11月23日(土曜日)に、九度山町の「くどやま森の童話館」において、第2回森
の秋コンサートが開催されます。
午後1時会場、午後1時半開演、3時終演。入場料・参加費は無料です。

和歌山県の九度山町は、真田幸村親子の物語の舞台としても有名な土地です。
その九度山町にある「くどやま森の童話館」は、現在休校になっている旧久保小
学校の校舎を利用した施設で、建物は懐かしい木造校舎です。橋本市から高野町
に至る高野参詣道「黒河道(くろこみち)」(世界遺産)のほぼ中間点にあたる
山奥に位置しています。
自然豊かな、歴史ある土地で行われるコンサートをお楽しみください。

<プログラム>
第一部 
  ピアノ演奏:遠藤史
  バッハ     「平均律クラヴィーア曲集第1巻」より プレリュードとフーガ ハ長調
  モーツァルト   ピアノ・ソナタ K.332 第2楽章
  ショパン     マズルカ(Op.50-1, Op.50-2)、ポロネーズ「軍隊」(Op.40-1)
  ドビュッシー 「映像第1集」より「水の反映」
  シベリウス   村の教会(Op.103-1)、ロマンティックな情景(Op.101-5)

第二部
  チェロ独奏:デュプイ・ロビン
  バッハ       無伴奏チェロ組曲
  オリジナル曲

 チェロ演奏:デュプイ・ロビン、ピアノ伴奏:遠藤史 
  ベートーヴェン チェロ・ソナタ イ長調 Op.69より 第1楽章
      フォーレ           夢のあとに、月の光

<プロフィール>
 ピアノ:遠藤 史(えんどう・ふびと)
    長野県松本市生まれ。和歌山大学教授
 チェロ:デュプイ・ロビン
    高野町に住むフランス出身のチェロ演奏家

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

コンサートのご案内-「栗木充代メゾ・ソプラノリサイタル」

1 2

「栗木充代メゾ・ソプラノリサイタル-対話する時間Ⅲ」のご案内です。
9月27日(金) 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールにて。
18:30開場、19:00開演、入場料は3,000円(全席自由)です。

栗木充代(M.S.) 益子明美(Pf.)

神戸女学院小ホールでのリサイタルシリーズ「対話する時間」の3回目のコンサートです。
今回は、「去る者、残される者、両者の"対話する時間"」に会えるプログラムで構成されています。

ブリテンの民謡編曲集から4曲、マーラーの「子供の不思議な角笛」から数曲、フォーレの秋の歌、コルンゴルドの「別れの歌」などが演奏されます。栗木さんの「対話する時間」に、私たちも加わってみてはいかがでしょうか。


<プロフィール>
 栗木充代:京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学院音楽研究科声楽専攻修了。
兵庫県独唱独奏コンクール1位。第29回フランス音楽コンクール入選、フランス総領事賞受賞。第11回日仏声楽コンクール入選、奨励賞受賞。第11回友愛ドイツ歌曲コンクール3位。
2016年よりピアニスト益子明美氏との連続リサイタルを開催。
現在、神戸音楽家協会、神戸フォーレ協会、神戸波の会、ひょうご日本歌曲の会、歌曲研究会「ソワレの会」各会員。すずらんコーラスヴォイストレーナー。

 益子明美:大阪音楽大学ピアノ科卒業。ニューイングランド音楽院大学院ピアノ科修了。同大学院室内楽・伴奏科修了。
コラボレイティブ・ピアニストとして、ベルリンを本拠にヨーロッパ、アメリカ、日本各地で活躍。現代音楽の演奏においても幅広く活動し、武満徹、マイケル・ティペット、ジョン・ケージらの作品を作曲家のもとで演奏する。
CDもリリースされており、2013年度ドイツ音楽制作協会クラシック部門においてグランプリを受賞している。

 

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

私は創造の神の卑しい僕「アドリアーナ・ルクヴルール」より-移調ピースの新譜

オペラアリアの新譜をお知らせします。

「アドリアーナ・ルクヴルール」はチレア作曲のオペラで、1902年に初演されました。
18世紀前半にパリで活躍した実在の女優、アドリエンヌ・ルクヴルールの生涯を描いた作品です。彼女は劇場コメディ・フランセーズの人気女優だったそうです。彼女が恋敵に毒殺されるという筋書きで、オペラは進んでいきます。

アリア「私は創造の神の卑しい僕(Io son l'umile ancella)」は第一幕で歌われる、ソプラノの有名なアリアです。
劇場で台詞を練習しているアドリアーナに賛辞を与える人たちに、謙虚に歌い始めます。
"私は神のいやしい下僕です。
神に言葉の力を授かり、それを人々に伝えます。・・・"


ミレッラ・フレーニの演奏です。

フレーニの演奏が素晴らしいので選んだのですが、ルネ・フレミングも是非聴いていただきたいです。


 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

グノー作曲 おいで!芝生はみどり-移調ピースの新譜

移調ピース新譜をご紹介します。

今回はフランス歌曲で、グノー作曲の"おいで!芝生はみどり"(Viens! Les gazons sont verts!)です。
アヴェ・マリアや歌劇「ファウスト」で有名な、グノーの歌曲です。

エリー・アメリンクの演奏をお聴きください。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

日本歌曲-移調ピースの新譜

4月以降の、日本歌曲移調ピースの新譜をご紹介します。
3曲とも、中田喜直氏の有名な曲です。


「むこうむこう」
   作詞:三井ふたばこ 作曲:中田喜直



「夏の思い出」
作詞:江間章子 作曲:中田喜直


「霧と話した」
作詞:三井ふたばこ 作曲:中田喜直

|

2019年4月 8日 (月)

コンサートのご案内-「第2回久保の桜コンサート」

      Photo           

4月13日(土) 和歌山県伊都郡九度山町の「くどやま森の童話館」で、久保の桜コンサートが開催されます。
午後12時20分~14時30分の予定です。入場料・参加費は無料です。

今回の久保の桜コンサートは「ピアノとバイオリンで春を満喫!」という内容で、第2回のコンサートになります。ピアノ演奏は遠藤史さん、寺本翔さん、バイオリン演奏は高橋麻衣さんです。

第一部は、遠藤史さんのピアノ演奏です。
「春」にちなみ、プログラムは、作曲者それぞれが青春時代に作曲したものです。
   シューマン:パピヨンOp.2
   遠藤史:河のほとり 他
   ラフマニノフ:幻想的小品集Op.3より「前奏曲」
   ショパン:マズルカ第3番Op.6-3 他
第二部は、高橋さんと寺本さんのアンサンブルです。
エルガーやクライスラー、ブラームスなど、よく知っている曲が並んでいます。
   エルガー:愛の挨拶
   ハンガリー舞曲:ブラームス
   クライスラー:愛の悲しみ
   その他

詳しい内容は、こちらのホームページをご覧ください。

https://www.town.kudoyama.wakayama.jp/kyouiku/syakai-kyouiku/kubono_sakura_konnsa-to.html

「くどやま森の童話館」は、2006年から休校となっていた旧町立久保小学校小学校を利用して、2017年に九度山町に開設されました。橋本市から高野町に至る高野参詣道「黒河道(くろこみち)」のほぼ中間点にあたる山奥に位置しています。建物は、雰囲気のある木造校舎です。

例年なら、素晴らしい桜を見ることができるそうです。
少し足をのばして、久保の桜とコンサートをお楽しみいただければと思います。

<プロフィール>
 ピアノ:遠藤 史(えんどう・ふびと)
    長野県松本市生まれ。和歌山大学経済学部教授
 ピアノ:寺本 翔(てらもと・しょう)
    大阪音楽大学ピアノ科卒
 バイオリン:高橋 麻衣(たかはし・まい)
    大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業後、同大学大学院修了

|

2019年3月13日 (水)

コンサートのご案内-「An Evening of Art Song~歌曲の夕べ~」

Photo

<ソワレの会>による「An Evening of Art Song~歌曲の夕べ~」のご案内です。
3月28日(木) 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールにて。
午後6時半開場、午後7時開演、入場料は2000円です。

コンサートに出演される栗木充代さんに、<ソワレの会>について伺ってみました。

- - -
「ソワレの会はPianistとSingerの為の歌曲研究グループです。かつて無名の作曲家や詩人達芸術家がカフェなどに集まり、自ら新作を発表する場を[SOIREE]と呼んでいたそうで、そこから名づけています。
1993年、ベルリン在住ピアニスト益子明美氏がディレクターとなり、数名の仲間でスタートしました。今では京阪神を中心に会員数60名を越える演奏家集団になりました。
活動はディクション、ワークショップ、コンサートと3つの柱から出来ています。

ソワレの会では、年に十数回のコンサートを行っていますが、3月のコンサートでは、フランスものとイギリスものが中心となっています。
An evening of Art songsでは歌曲集単位で演奏することが多いです。なかなか全曲を生で聴く機会はないと思います。ぜひお聴きいただいて、お気に入りの1曲を見つけていただければと思います。」
- - -

早春の季節とともに、コンサートをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

コンサートのご案内-「スプリングコンサート」

Spring_2

メゾソプラノ平松啓子さんによる「スプリングコンサート」のご案内です。
3月3日(日) 岸和田自泉会館ホールにて。
午後2時開演、入場料は2000円です。

今回は、バリトンの水谷雅男さんの賛助を得て、二重唱あり、フランス歌曲あり、日本歌曲あり・・・と、色とりどりのコンサートになります。
水谷雅男さんのドビュッシー「フランソワ・ヴィヨンのバラード」は、なかなか聴けない名曲です。
また、平松啓子さんが今回「この歌をうたいたい」と選んだ、バーバー「4つの歌 Op.13」は透明感のある非常に美しい歌です。
ピアノ伴奏は、青谷理子さん。

自泉会館の入り口には、今、お雛様が飾られています。
お雛様とコンサート、すてきな一日をお過ごしください。


<プロフィール>
 平松啓子:大阪教育大学特設課程音楽声楽専攻卒業。京都フランス音楽アカデミー、ニース国際夏期講習を受講。98年フランス音楽コンクール「総領事賞」受賞。2000年以降毎年、岸和田自泉会館にてコンサートを開催。歌曲研究グループ「ソワレの会」メンバー。フランス歌曲研究会、京都フランス歌曲協会会員。

 水谷雅男:大阪音楽大学大学院(歌劇)修了。96年度ドレスデンにて海外研修。86年、89年、04年、06年フランス歌曲リサイタルを開催。大阪音楽大学元教授、堺シティオペラ理事、フランス歌曲研究会代表、MBSこども音楽コンクール審査員、奈良日仏協会会員

 青谷理子:相愛大学卒業。同大学研究生修了。フランス音楽コンクール総領事賞受賞。主にフランス歌曲の伴奏者として関西一円で活発な演奏活動を行う一方、堺シティオペラ、関西二期会、コスモス混声合唱団ピアニストとしても活躍。大阪青山短期大学非常勤講師。京都フランス歌曲協会企画委員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

ドニゼッティ作曲 愛の文通-移調ピースの新譜

移調ピース新譜のお知らせです。
今回は、ドニゼッティ作曲の愛の文通(La corrispondenza amorosa)です。

歌曲集「朝のしらべ」の中の1曲です。この曲集は、独唱曲8曲、二重唱曲6曲、四重唱曲2曲から成っており、移調ピースで販売している「一滴の涙(Una lacrima)」もその中の一曲です。
歌詞は、フランス語とイタリア語の両方がついています。

レナータ・スコットの歌唱でお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コンサートのご案内-「沙羅の木合唱団 第10回演奏会」