« ミュージックライター(MusicWriter) その1 | トップページ | 誰も寝てはならぬ-移調ピースのご案内 »

2014年5月20日 (火)

オペラ「夕鶴」 初演時の練習楽譜

團伊玖磨作曲のオペラ「夕鶴」は、1952年1月30日、大阪朝日会館で初演されたそうです。

1   2   3   Photo

写真の楽譜はオペラ出演者の練習のために、当社が作成したピアノ伴奏版「夕鶴」です。
オペラの練習では、最初からオーケストラと合わせて練習するわけではありません。オーケストラ譜をピアノで弾けるようにアレンジしたピアノ伴奏版の譜をつくり、その楽譜を使って練習します。写真の楽譜は、この前の記事でご紹介したミュージックライターが来る前の時代の楽譜で、ガリ版印刷で作られています。全188ページを、1ページずつローラーを転がして手作業で「印刷」したんでしょうね。何部刷られたのかは、今となっては不明です。

表紙を描いたのは、洋画家、米田三男之介(1913-1981)だそうです。

Photo_3

|

« ミュージックライター(MusicWriter) その1 | トップページ | 誰も寝てはならぬ-移調ピースのご案内 »

福田楽譜あれこれ」カテゴリの記事

楽譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598087/59674833

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ「夕鶴」 初演時の練習楽譜:

« ミュージックライター(MusicWriter) その1 | トップページ | 誰も寝てはならぬ-移調ピースのご案内 »