« グノー作曲 Ave Maria(アヴェ・マリア)-移調ピースの新譜 | トップページ | 現存確認最古の福田楽譜制作楽譜 »

2014年7月30日 (水)

異名同音に替える場合-移調ピースの場合

福田楽譜の移調ピースは、どんな調にでも移調します。
先日「Nessun Dormaを変ト長調(Ges dur)へ移調」のご注文がありました。
変ト長調は♭が6つの調号です。移調してみると、ダブル♭がたくさんつきました。

こういう譜面を渡されると、伴奏者はちょっと困ったな、と思うかもしれません。 初見で弾く場合もあるでしょうし、臨時記号は少ない方が、読む負担も少なく弾き間違いも少なくなります。
さてこういう場合、当社では、お客様にダブルフラットのままにするか、その音に対し異名同音的転換をするか(臨時記号の少ない音に置き換えるか)をお選びいただいています。

異名同音というのは、平均律(※)において、音名は異なるけれど、実際に鳴らした音は同じである音のことを言います。下に2つほど、例をあげます。
Enharmonicex2_2

そして、変ト長調の「Nessun Dorma」は、このように変えました。

  <ダブル♭のままの楽譜>                 <異名同音転換した楽譜> 
Nessun08gesenharm01_2      Nessun08gesenharmdone01_3           

先にも書いたように、臨時記号が少ない方が演奏しやすくなります 。ただ、和音進行や和音の成り立ちを考えたい場合には、異名同音に変えるとわかりにくくなります。
他の調の楽譜をお持ちの場合には、伴奏者の演奏の負担を少なくすることを優先して、臨時記号の少ない楽譜にしていただく方が、よいだろうと思っています。

※「平均律」というのは、1オクターブを12の半音に等分する音律(音響学の理論に基づいて、楽音間の関係をさだめたもの)で、十二平均律ともいう。
 <新訂音楽通論 山縣茂太郎著 音楽之友社より>

|

« グノー作曲 Ave Maria(アヴェ・マリア)-移調ピースの新譜 | トップページ | 現存確認最古の福田楽譜制作楽譜 »

楽譜」カテゴリの記事

記譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598087/60067211

この記事へのトラックバック一覧です: 異名同音に替える場合-移調ピースの場合:

« グノー作曲 Ave Maria(アヴェ・マリア)-移調ピースの新譜 | トップページ | 現存確認最古の福田楽譜制作楽譜 »