« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

英語で何ていう?

以前このブログで、1991年に浄書ソフト「SCORE-2.0」をアメリカから購入したお話しをしましたが、覚えていらっしゃいますか?
(タイトル「PCが会社にやってきた! 」 5月28日付けの記事です)

5インチのフロッピーディスクに収められたソフトが届き、操作方法を学ぶべくマニュアルを読もうとして...、staffやらmeasureやらnoteなどなどの単語が頻出していて、とまどいました。

「スタッフ?」「もの差し?」「ノート?」
どれも知っている(中学校で学んだような)単語なのに、マニュアルはちんぷんかんぷんで意味不明。
それぞれ、あらためて辞書にあたってみると、語義列のズーッと後ろの方に[音楽]と注記されておなじみの日本語が載っていました。
「譜表、五線」「リズム、拍子、((米))小節」「音、音符」...。一見ごくごく普通の単語なのに、どれも音楽用語、楽譜用語だったのです。

音楽についての本、特に記譜や楽譜について書かれた英語の本を読むとき、知っていないと歯が立たない単語の一部を下に示します。
どれも、日本語ではいかめしい漢字がならんだ単語が、英語ではごく簡単な単語になっているのが面白いですよね。 
 五線=staff
 音符=note
 休符=rest
 音部記号=clef
 小節=measure
 小節線=barline
 拍子記号=time signature
 調号=key signature
 符頭=note head
 符尾=stem
 符鉤=flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

シューベルト作曲 「冬の旅」より第13曲 郵便馬車-移調ピースの新譜

移調ピース、新譜のお知らせです。

今回は、シューベルト作曲「冬の旅」より第13曲「Die Post(郵便馬車)」です。
久しぶりのドイツ歌曲となりました。
すでに、移調ピースでは、第1曲「おやすみ」・第2曲「風見の旗」・第5曲「菩提樹」・第6曲「あふれる涙」・第11曲「春の夢」を販売しております。少し時間はかかると思いますが、「冬の旅」全曲を購入していただけるようにしたいと考えていますので、ドイツ歌曲ファンのみなさま、(心もち気長にですが...)ご期待ください。

わたしにとって、「冬の旅」といえば、フィッシャー・ディースカウです。


そして、ヘルマン・プライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

とても低く移調するときには

フルートやバイオリンの楽譜を見ていると、加線が多くて、音を読むのが難しいなあと思うことがあります。
加線が少ないと楽譜は読みやすくなり、楽譜が読みやすいと、メロディの流れが自然に入ってきて、弾きやすく理解しやすい楽譜になります。

移調や移調ピースでは、「うんと低くしてほしい」というご希望もあります。
たとえば、ある曲を「完全5度下げて移調したい」とご注文いただいたとします。ミュージックソフトでただ移調しただけでは、曲によっては加線がたくさんある楽譜になってしまいます。こんな楽譜を渡されては、ピアニストは初見で弾くのが難しくて大変です。
福田楽譜ではそういう場合、こんなふうに楽譜を編集しています。

移調したままの楽譜です。

Ps_4

加線の多い音を下段に移動すると・・・。

Ps_5

楽譜はほんの少し手間をかけると、自然に音の流れを示してくれます。
読みやすく、弾きやすい楽譜を作っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

軽めのぞうさん

みなさま、童謡はお好きですか?
歌の好きな人なら、小さい頃、童謡もたくさん歌った(or歌ってもらった)のではないでしょうか。

以前ブログで、福田楽譜のお仕事の内容をお話ししたことがありました。そのときには、楽譜の版下を作成していることと移調ピースをご提供していることを書きました。
でもその他にも、いろいろなお仕事をさせていただいています。2年前、童謡に伴奏をつけるお仕事をいただき、それからずっと今まで続いています。誰にでも弾ける『超簡単』な伴奏を付ける仕事です。出来上がったときには『超簡単』でも、どんな伴奏にしようか考えている過程では、「こんなコードをつけてみたら、どんな感じになるのかな」とあれこれ試しながら、楽しくお仕事をさせていただいています。

さて先日、Youtubeで、こんな「ぞうさん」にめぐり逢いました。
♪ぞうさん、ぞうさん、おはながながいのね♪
誰でも知っている、まどみちお作詞、團伊玖磨作曲の「ぞうさん」です。
私たちがよく知っている「ぞうさん」とちょっと違う「ぞうさん」。こんな「ぞうさん」もあるんだなと興味深く感じました
とても軽やかな「ぞうさん」ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »