« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月25日 (木)

年末年始のお休み

ホームページにもお知らせしましたが、12月27日(土)から1月5日(月)まで、福田楽譜はお休みをいただきます。

移調ピースなどのwebshopsにつきましては、25日(木)午前中までに御注文いただいた楽譜は、年内に発送いたします。
また、お休みの間にいただきましたご注文やお問い合わせにつきましては、年始6日以降にご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

楽譜が見つかりました

前回ブログを書いてから、どこかでくだんの楽譜を見ることができないか探してみました。
「ラジオ歌謡」と「それでもちょっぴりさみしい春だ」という言葉で検索したところ、「日本ラジオ歌謡研究会」というホームページを見つけました。連絡先は秋田県。全く知らない方だし、突然電話をかけても迷惑でないかな・・・と悩みながらも、楽譜を探す糸口のように思えたので、思い切って電話をかけてみました。
電話口に出られたのは、「ラジオ歌謡研究会」の会長をされている方でした。私が、ラジオ歌謡の詩の原稿を持っていることやその楽譜を探していることを説明し、「楽譜をお持ちなら、見せていただけないでしょうか」とたずねたところ、快く承諾していただけました!
FAXで送ってくださったのは、江間章子さんの「童話の本から」の楽譜でした。
Photo
歌ったのは、ダークダックスだったそうです。
また、「ラジオ歌謡研究会」のメンバーで堺市にお住まいの方もご紹介いただけました。
先日、その方が福田楽譜を訪れてくださり、「それでもちょっぴりさみしい春だ」の楽譜を見せてもらいました。コピーされた楽譜だったため、楽譜の右側が少し欠けていますが、どんな曲であるかは分かります。
Photo_2

その方は、他にも十数点の「ラジオ歌謡」で使われたという楽譜をお持ちくださったのですが、よく見ると、何とそれは、福田楽譜の初代社長(私の父)が昭和20年代に作ったガリ版刷りの楽譜でした。

そのお話しは、またいつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

それでもちょっぴりさみしい春だ (サトウハチロー)

以前、当社が持っている昔の原稿をご紹介しましたが、覚えておられるでしょうか。
江間章子さんの「童話の本から」という、ラジオ歌謡のための詩の原稿のお話しでした(7/9のブログです)。
今回も、昔の原稿のご紹介をしようと思います。

サトウハチローさんの「それでもちょっぴりさみしい春だ」という詩で、自筆原稿だと思います(サトウハチローさんの字は特徴的なので、原稿の字を見て、きっと自筆だとわたしは思っています)。これも江間章子さんの原稿と同じく、ラジオ歌謡のための原稿だったようです。
1_2      2       3

表紙の右下に「33.4.14~」と書かれています。
インターネットで調べてみると、この曲は昭和33年4月放送の「ラジオ歌謡」で楠トシエさんが歌った曲だったようです。
サトウハチローさんの有名な曲「ちいさい秋みつけた」とちょうど季節が裏返ったような題名の曲ですね。
「それでもちょっぴりさみしい春だ」って、いったいどんなメロディーがついていたんでしょうか。聴いてみたい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

こんな楽譜も

数日前にインターネットで面白い記事を見つけました。
楽譜に関することなので、このブログでもみなさんにご紹介しようと思います。

こちらがその楽譜。

1

それを演奏すると・・・


マウリシオ・カーゲルの「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」だそうです。

最後のシーンはこの演奏の一番の見ものですが、途中でも、口にメガホンのようなものをくわえて演奏しているのが見られます。
この場面もどんなふうに楽譜に書かれているか、見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »