« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月23日 (金)

サトウハチロー童謡集

昨年12月、サトウハチローの自筆原稿を見つけたよ、というお話をしましたが、今回も、またしてもサトウハチローのお話しです。お付き合いください。

「年末に自宅の大掃除をしていたら、こんなものが見つかってん...」と、福田楽譜のもう一人のスタッフ(妹)がレコードのジャケットを持って、仕事始めに現れました。
Photo

二人が小さいときによく聴いた「サトウハチロー童謡集」のジャケットでした。中身のレコードはなくなっていて、ちょっと残念だなと思いました。
表紙は童画画家として有名だった初山滋さんの作品です。まあ、これは妥当な人選でしょうが、面白いのはこのレコードの「推せん者」です...。
Photo_2
「推せんのことば」は、「読売巨人軍長嶋茂雄」さんが書いておられます。発売年=1962年からすると、長嶋茂雄さんが26歳のときの推薦のお言葉のようです。童謡集の推薦のことばを野球選手が書くなんて、ちょっと可笑しいなとも感じますが、それくらい彼は有名で人気者だったということなんでしょうね。

納められている曲は、14曲。レコード冒頭の曲「べこの子うしの子」が私は好きで、小さい頃よく歌っていました。でも今は、子どもの歌として、あまり歌われないようですね。
こんな歌です。みなさんご存じでしょうか。


6曲目の「夕方のおかあさん」も好きでした。


このレコードの中で今も歌い継がれている曲は、「かわいいかくれんぼ」「ちいさい秋みつけた」くらいでしょうか。
今ではあまり歌われなくなった子どもの歌って、自分が小さかった頃を思い出してみると案外たくさんあるんですね。そんな懐メロも今後取りあげてみたいな、とも考えています。その節には、よろしくご辛抱くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

受験のシーズン

そろそろ受験の季節がやってきました。

今はもう、パソコンで楽譜も文章も編集できるようになったので、入試問題はすべて学校内で作るようになったようですが、私はこの時期になると、「パソコン無き時代」に試験問題の版下を作った思い出がよみがえります。

ある大学では、試験問題を作るのに、福田楽譜が「出張浄書」をしていました。大学としては、学外に試験問題を持ち出すことを避けたいと思っていたようです。どんなことが起こって試験問題が漏れるかもしれませんから、そういうリスクを避けたかったんでしょうね。

試験を作成する日が来ると、私たちは大学まで重いミュージックライターやこまごまとした浄書の道具一式を運び、教室の一部屋で楽譜を作りました。即席の事務所を学校内に作るってわけです。もちろん、私たちは問題すべてを見ることができるわけではなく、あくまで楽譜部分の原稿だけを渡されます。(そうして私たちが作った楽譜のパーツは、あとで文章が書かれてある版下に、誰かが貼り込んだんだと思います。)
丸1日教室に缶詰になり(外へ出て行くことは、トイレ以外はダメ)、試験作成担当の先生たちが一同に揃う中で作成です。その日1日で仕上げないといけないので、予め五線を引いた用紙をたくさん持って行きました。(その頃は、烏口で五線を引いていたので、五線を引くだけでも時間がかかったんです)
時には、その場で急に、先生たちが問題を変更することもありました・・・。

などと、たいへん緊張を伴うもののように書いてしまいましたが、昼食には仕出し弁当も取っていただき、和やかなムードでお仕事をしていました。もちろん、こんな仕事をさせていただいたのも、大学と長いお付き合いをする中で信頼関係があってのこと、と自負しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年5月にブログを始めてから、お客様にちょっとした一言をいただくことが増えました。
今まで、出版社や印刷会社の方たちとお話しする機会は多くても、移調ピースをご購入いただいた方や移調をご依頼いただいた方々から感想などを伺うことは、それほど多くありませんでした。
みなさまと近しいお付き合いが始まったような気がして、とてもうれしいです。
これからも、頑張ってブログを続けていこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »