« あけましておめでとうございます | トップページ | サトウハチロー童謡集 »

2015年1月16日 (金)

受験のシーズン

そろそろ受験の季節がやってきました。

今はもう、パソコンで楽譜も文章も編集できるようになったので、入試問題はすべて学校内で作るようになったようですが、私はこの時期になると、「パソコン無き時代」に試験問題の版下を作った思い出がよみがえります。

ある大学では、試験問題を作るのに、福田楽譜が「出張浄書」をしていました。大学としては、学外に試験問題を持ち出すことを避けたいと思っていたようです。どんなことが起こって試験問題が漏れるかもしれませんから、そういうリスクを避けたかったんでしょうね。

試験を作成する日が来ると、私たちは大学まで重いミュージックライターやこまごまとした浄書の道具一式を運び、教室の一部屋で楽譜を作りました。即席の事務所を学校内に作るってわけです。もちろん、私たちは問題すべてを見ることができるわけではなく、あくまで楽譜部分の原稿だけを渡されます。(そうして私たちが作った楽譜のパーツは、あとで文章が書かれてある版下に、誰かが貼り込んだんだと思います。)
丸1日教室に缶詰になり(外へ出て行くことは、トイレ以外はダメ)、試験作成担当の先生たちが一同に揃う中で作成です。その日1日で仕上げないといけないので、予め五線を引いた用紙をたくさん持って行きました。(その頃は、烏口で五線を引いていたので、五線を引くだけでも時間がかかったんです)
時には、その場で急に、先生たちが問題を変更することもありました・・・。

などと、たいへん緊張を伴うもののように書いてしまいましたが、昼食には仕出し弁当も取っていただき、和やかなムードでお仕事をしていました。もちろん、こんな仕事をさせていただいたのも、大学と長いお付き合いをする中で信頼関係があってのこと、と自負しています。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | サトウハチロー童謡集 »

福田楽譜あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験のシーズン:

« あけましておめでとうございます | トップページ | サトウハチロー童謡集 »