« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月25日 (木)

恋とはどんなものかしら「フィガロの結婚」より-移調ピースの新譜

移調ピース(オペラ)新譜のお知らせです。

モーツァルトの「フィガロの結婚」より「恋とはどんなものかしら(Voi che sapete)」です。

女性が声楽を勉強し始め、最初に歌うアリアとして、「Voi che sapete」という人は多いのではないでしょうか。
わたしが初めて歌ったアリアも、この曲でした。
第二幕に、伯爵の小姓の青年ケルビーノが伯爵夫人に歌うアリアです。

音域が、最低音ド・最高音ファと歌いやすいため、移調ピースに取り上げていなかったのですが、オペラのアリアとしては欠かせない曲ですので、今回出版することにしました。

「"ケルビーノ"といえば、アグネス・バルツァ」の印象があります。
お聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

かやの木やまの-移調ピースの新譜

久しぶりに、新譜のお知らせです。

日本歌曲「かやの木やまの」が移調ピースに加わりました。
作詩 北原白秋、作曲 山田耕作の作品です。

この二人が作った歌曲「この道」「からたちの花」も、移調ピースで販売しています。

鮫島有美子さんの「かやの木やまの」をお聴きください。


この曲の演奏を探していたら、興味深い演奏が見つかりました。
1928年、藤原義江さんの演奏です。(伴奏は、山田耕筰と書かれています)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »