« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月22日 (木)

フィギュアスケート-ショパン・バラード1番

平昌オリンピックの男子フィギュアスケート、日本選手の金・銀メダル獲得の瞬間をご覧になった方も多かったことと思います。

羽生選手のショートプログラムは、ショパンのピアノ曲「バラード1番」でした。
この曲は1830年代、ショパンが20代半ばに作曲されています。(日本では江戸期、天保の飢饉や大塩平八郎の乱があったころです)  ショパンはバラードを4曲作曲していて、その中では第4番が優れているという評判ですが、わたしは第1番が好きです。
その羽生選手が選んだバラード第1番、演奏者はクリスチャン・ツィンマーマンだそうです。
わたしはずっと以前から、バラード1番を聴くときはツィンマーマンでした。鳥肌がたつような素晴らしい演奏です。
羽生選手のショートプログラムでは曲がカットされていましたが、こちらで全曲を聴くことができます。

さて、宇野選手のフリープログラムは「誰も寝てはならぬ」でした。 こちらは、オペラを好きな方なら知らない方はおられませんね。 福田楽譜の移調ピースでも、1番の人気です。 今回はPaul Potts の演奏をお聴きください。

Paul Pottsは2007年に(Potts37歳)、イギリスのタレント発掘オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で優勝し、プロの歌手となりました。 優勝するまで、生活のために様々な仕事をし、この番組に出るときには携帯会社のセールスマンをしていたそうです。 彼が出場したときの「ブリテンズ・ゴット・タレント」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

コンサートのご案内-「平松啓子メゾソプラノリサイタル」

20182_3

「平松啓子メゾソプラノリサイタル -Alessandro Zuppardoとともに-」のご案内です。
2月24日(土) 岸和田自泉会館にて。
午後1時半会場、午後2時開演、入場料は2500円です。

平松啓子(M.S.) Alessandro Zuppardo(Pf.) 青谷理子(賛助Pf.)

プログラムは、前半は、ドビュッシー、中田喜直、プーランクの歌曲。後半は20世紀前半のパリの雰囲気を歌うシャンソンから始まり、ミヨーのリズミカルな歌曲。続いてプーランクのピアノ連弾。最後はジャン・コクトー詩、プーランク作曲、モンテカルロの女で終わります。

いつも平松さんのリサイタルのときにはピアノを弾いている青谷理子さんは、今回はZuppardoさんとプーランクのソナタで連弾を聴かせてくれます。
こちらも楽しみです。

<プロフィール>
 平松啓子:大阪教育大学特設課程音楽声楽専攻卒業。京都フランス音楽アカデミー、ニース国際夏期講習を受講。98年フランス音楽コンクール「総領事賞」受賞。06、07、09、14年リサイタルを開催。歌曲研究グループ「ソワレの会」メンバー。フランス歌曲研究会、京都フランス歌曲協会会員。
 Alessandro Zuppardo:サンタ・チェチーリアでピアノ、作曲、室内楽を学び、イタリアや、ドイツはライプツィヒなどの歌劇場でコーラスマスターを務める。伴奏者として、テレサ・ベルガンザ、チェチーリア・バルトリ、レナート・ブルゾンなどと共演。 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

アリアとオリンピック

平昌オリンピックが開幕します。
冬のオリンピックで音楽と一番関係が深いのは、やはりフィギュアスケート。
2006年のトリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルを取ったことで、トゥーランドットのアリア「誰も寝てはならぬ」は今や誰もが知っている曲になりましたね。
今回のフィギュアスケートでは、その「誰も寝てはならぬ」を日本男子ソロのエース宇野昌磨選手が滑ります。

フィギュアスケートソロで歌の入っている曲が使用出来るようになったのは約3年前、オリンピックでは初めて。
やはり歌があると盛り上がります!

フィギュアスケートでおなじみのアリアと言えば、他には道化師の「衣装をつけろ」があります。
日本選手で今期この曲を滑っている村上大介選手は、残念ながらオリンピック代表には選ばれませんでしたが、イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ選手が「衣装をつけろ」で滑ります。
もちろん歌が入っていますよ。
これも曲を生かした素敵なプログラムですので、興味のある方はぜひご覧下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ