« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

日本歌曲「北秋の」、グノー「花の歌」、アーン「私の詩に翼があったなら」-移調ピースの新譜

11月の移調ピース新曲です。

日本歌曲「北秋の」
    清水重道作詞・信時潔作曲、組曲「沙羅」の中の1曲です。
    「沙羅」は8つの曲から成る歌曲集で、1936年に作曲されました。
    小川明子さんの演奏です。

グノー作曲 "ファウスト"より「花の歌」
    オペラ"ファウスト"第三幕で歌われるアリアです。
    村の若者ジーベルが恋するマルグリートに、摘んだ花を贈ろうとしますが、すぐ枯れてしまいます。悪魔メフィストフェレの魔法だと知ったジーベルは聖水に手を浸し、その手で花束を作って、彼女への想いを歌います。
    ジーベルは若い男性ですが、メゾ・ソプラノがその役を担います。
    今回は、女声・男声の両方のアリアをお聴きください。

アーン作曲「私の詩に翼があったなら(si mes vers avaient des ailes)」
    レイナルド・アーンは1875年生まれのベネズエラの作曲家です。彼は3歳のときに家族でパリに移り、1885年10歳でパリ音楽院に入学。この曲は1887年、彼が12歳のときに作曲した曲です。歌詞はレ・ミゼラブルで有名なヴィクトル・ユゴーに依るものです。
    タイトルを見て、知らない曲だと思っている方も、聴いてみればきっとご存じの曲だと思います。
    「あなたのところへ飛んでいくだろう、もしぼくの詩に翼があれば・・・」という内容です。

 Suzan Grahamの演奏です。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

コンサートのご案内-「第2回森の秋コンサート」

               20191123_20191112151501

「くどやま森の童話館主催 第2回森の秋コンサート」のご案内です

11月23日(土曜日)に、九度山町の「くどやま森の童話館」において、第2回森
の秋コンサートが開催されます。
午後1時会場、午後1時半開演、3時終演。入場料・参加費は無料です。

和歌山県の九度山町は、真田幸村親子の物語の舞台としても有名な土地です。
その九度山町にある「くどやま森の童話館」は、現在休校になっている旧久保小
学校の校舎を利用した施設で、建物は懐かしい木造校舎です。橋本市から高野町
に至る高野参詣道「黒河道(くろこみち)」(世界遺産)のほぼ中間点にあたる
山奥に位置しています。
自然豊かな、歴史ある土地で行われるコンサートをお楽しみください。

<プログラム>
第一部 
  ピアノ演奏:遠藤史
  バッハ     「平均律クラヴィーア曲集第1巻」より プレリュードとフーガ ハ長調
  モーツァルト   ピアノ・ソナタ K.332 第2楽章
  ショパン     マズルカ(Op.50-1, Op.50-2)、ポロネーズ「軍隊」(Op.40-1)
  ドビュッシー 「映像第1集」より「水の反映」
  シベリウス   村の教会(Op.103-1)、ロマンティックな情景(Op.101-5)

第二部
  チェロ独奏:デュプイ・ロビン
  バッハ       無伴奏チェロ組曲
  オリジナル曲

 チェロ演奏:デュプイ・ロビン、ピアノ伴奏:遠藤史 
  ベートーヴェン チェロ・ソナタ イ長調 Op.69より 第1楽章
      フォーレ           夢のあとに、月の光

<プロフィール>
 ピアノ:遠藤 史(えんどう・ふびと)
    長野県松本市生まれ。和歌山大学教授
 チェロ:デュプイ・ロビン
    高野町に住むフランス出身のチェロ演奏家

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2020年4月 »