その他

2021年4月 9日 (金)

コンサートのご案内-「第3回久保の桜コンサート」

4月10日(土) 和歌山県伊都郡九度山町の「くどやま森の童話館」で、久保の桜コンサートが開催されます。
午後1時30分~3時の予定です。入場料・参加費は無料です。
童話館までの道が分からない方は、当日までに教育委員会社会教育課(TEL:0736-54-2019)まで連絡すると、送迎してくださるそうです。(事前予約が必要です)

今回の久保の桜コンサートは「ピアノとバイオリンで早春を満喫!」という内容で、第3回のコンサートになります。ピアノ演奏は遠藤史さん、寺本翔さん、バイオリン演奏は小倉浩晃さんです。

第一部は、遠藤史さんのピアノ演奏です。
  フェリックス・メンデルスゾーン:「春の歌」
  ファニー・ヘンゼル=メンデルスゾーン:アンダンテ・カンタービレ/「Das Jahr」より6月
  パラディス:シチリアーノ
  モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453 第3楽章(編曲版)
  ビゼー:メヌエット
  シャミナード:バルカロール/ 主題と変奏
 (遠藤史さんは、『ピアノのための組曲 遠い丘の歌』『24の前奏曲 あるいはオリジナル・サウンドトラック』を福田楽譜から出版されています。購入は、福田楽譜までご連絡ください)

第二部は、小倉さんと寺本さんのアンサンブルです。

詳しい内容は、こちらのホームページをご覧ください。
https://www.town.kudoyama.wakayama.jp/kyouiku/2020-07do-wakan.html

<プロフィール>
 ピアノ:遠藤 史(えんどう・ふびと)
    長野県松本市生まれ。和歌山大学経済学部教授
 ピアノ:寺本 翔(てらもと・しょう)
    大阪音楽大学ピアノ科卒
 バイオリン:小倉 浩晃(おぐら・ひろあき)
    相愛大学音楽学部卒

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

コンサートのご案内-「西影純枝(ソプラノ) 愛唱歌はいかがでしょうか? ~青谷理子さんと一緒に~」

       Photo_20210323102501      

「西影純枝(ソプラノ) 愛唱歌はいかがでしょうか? ~青谷理子さんと一緒に~」のご案内です。

日時:4月1日(木)豊中市立文化芸術センター小ホールにて。
昼の部14:30開場 15:00開演、夜の部18:30開場 19:00開演
入場料は1,800円(全席自由)。

西影純枝さんのお話しを伺いました。
「昼しかお時間がない方、お仕事で夜しか無理な方にも…と、コンサートは、昼の部と夜の部の二回公演にさせて頂きました。演奏する曲は半分位は共通ですが、昼と夜、そのときのお客様と一緒に、歌の雰囲気を作り上げていきたいと思っています。
伴奏をしていただく青谷さんのピアノは素晴らしく、みなさまご存じの歌が、二人の演奏でどのように変わるかお聴きいただければ幸いです。昼の部は青谷さんのピアノソロもあります。
夜の部の演奏「近藤浩平 いつか夜になるまで~家の中にとどまる音楽家のために~」は、無伴奏ソプラノ版としては、ステージ初演です。今回は、作曲者の近藤様にもお越しいただき、お話しをしていただく予定になっています。

コロナ感染でいろいろな我慢を強いられている今、なるべく前を向けそうな曲を中心に選曲させて頂きました。
そして、4歳から歌を習っていた私の歌の故郷は、やはり童謡唱歌です。
昭和の途中までは何世代にもわたり一緒に歌うことができた曲の数々が、これからもなくなってしまわないように、素敵な景色が広がる童謡唱歌も、歌い続けていきたいと思っています。」

桜咲く4月のはじめ、みなさまがよくご存じの歌のコンサートで、ひとときを過ごしていただければと思います。

西影純枝(Sop.)
大阪教育大学特設音楽課程声楽卒業、同専攻科修了。
2003年より、毎年ソロ・コンサート、リサイタル開催。『せんば鎮守の杜芸術祭』音楽プロデュース、その他いろいろな企画にも関わる。
名古屋二期会、ソワレの会、日本ドイツリート協会、イタリア声楽協会各会員。

青谷理子(Pf.)
相愛大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学ピアノ研究生修了。
フランス音楽コンクール入選、総領事賞受賞。
現在、大阪青山大学子ども健康学科非常勤講師。
京都フランス歌曲協会企画委員、ソワレの会、各会員。
関西二期会、堺シティオペラ、コスモス混声合唱団ピアニスト。

|

2021年3月 9日 (火)

嬉しいお便り

コロナの影響で、歌をうたうことが難しくなったような雰囲気があります。
福田楽譜も、移調ピースはしばらくは必要とされないんじゃないかと危惧しておりました。
でも、以前より少しは減ったものの、shopの門を叩いてくださるお客様が、ちゃんといらっしゃいます。
移調をご依頼くださるお客様も、変わらずおられます。
ああ、みんな、今は一人で歌ってらっしゃるんだなと、応援したい気持ちで、楽譜をお送りしておりました。

先日、福田楽譜で制作した移調譜で歌っていただいている動画が、お客様から届きました。
とても嬉しいご報告でした。
楽譜浄書の仕事は、いわゆる「縁の下の力持ち」です。お客様と直接お話しすることはほとんどありません。
でも、こういうお便りをいただくと、楽譜制作者とお客様がつながっているということが感じられて、とても幸せな気持ちになりました。

その動画を、みなさまと共有したく、アップさせていただきます。

|

2020年11月30日 (月)

コンサートのご案内-「谷口敦子(Pf.) ゆめニティプラザ クリスマスサロン Mini コンサート」

                 1219

               

「谷口敦子 ゆめニティプラザ クリスマスサロン Mini コンサート」のご案内です。

日時:12月19日(土)ゆめニティプラザ(ゆめニティまつばら 3階)にて。
15:30開場 16:00開演、 入場料は2,000円(プレミアム会員 1,800円)。
定員は50名です。

毎年大阪府松原市で開催している、恒例のコンサートです。
いつもはゲストをお迎えしていますが、昨今の状況から、今年はピアノソロでのコンサートとなりました。
ベートーヴェンの「エリーゼのために」、ショパンのワルツやノクターンなど、来ていただいた方々に心落ち着くひとときを過ごしていただけるような曲を演奏してくださいます。
谷口さんのピアノ演奏は、人に語りかける優しさを持つ演奏です。
一年の最後を、心穏やかにお過ごしいただければと思います。

谷口敦子(プロフィール)
 神戸女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒。M.ブーヴェ、J.ゴットリーブ、S.キアパラン、D.シュルマン、益 子明美、故小柳芳子、故岡坂恭子の各氏に師事。第1回ウィーン国際音楽コンクール入賞。平成9年度大阪 府芸術劇場奨励新人。ポーランドのフィルハーモニック・オルシュテインにソリストとして招聘。ソロ・リサイタルの他、室内楽・歌曲・合唱等で活躍中。モンポウのピアノ曲とその周辺、奈良ゆみフランス歌曲全貌シリーズ、メシアン歌曲全曲演奏会、ドイツ歌曲作曲家別シリーズ等好評を得る。日本演奏連盟会員。


注:コロナ感染予防対策を、主催者の方と何ヶ月も打ち合わせして、コンサートを行います。
チラシに書かれている[注意事項]を忘れずお読みいただき、コンサートにお越しください。

|

2020年6月26日 (金)

[ぴあのの杜」のご紹介

静間弘之さんの、Youtubeチャンネル「ぴあのの杜」をご紹介します。

静間さんは、ピアノソロ・2台のピアノや、アンサンブルの編曲をしておられます。
Youtubeチャンネル「ぴあのの杜」では、静間さんのアレンジ曲をご自身の演奏で聴くことができます。

福田楽譜からの出版は、2001年のピアノソロ「ロンドンデリーの歌」「牧神の午後への前奏曲」から始まり、10曲以上にのぼります。
なお、「ぴあのの杜」で演奏されている曲の楽譜はほとんど、福田楽譜のshopで購入することができます。
是非一度、ご訪問ください。

 「ぴあのの杜」

   Photo_20200626103301

|

2020年6月18日 (木)

コンサートのご案内ー「ふみづきコンサート」

         Photo_20200618155001

7月18日(土曜日)、和歌山県九度山町の「くどやま森の童話館」において、「ふみづきコンサート」が行われます。
午後1時半開演、3時終演。入場料・参加費は無料です。
演奏者は、遠藤史・寺本翔(ピアノ)、高橋麻衣(ヴァイオリン)です。

九度山町は高野山の玄関口にある山あいの町です。
コンサート会場は、豊かな自然に囲まれた「くどやま森の童話館」。
毎年4月に催される「久保の桜コンサート」は、今年はコロナウィルスの影響で中止となっていました。
「くどやま森の童話館」では、初めての初夏のコンサートです。
緑と優しい風、そして暖かい音楽に囲まれて、心穏やかなひとときをお過ごしいただければと思います。

なお、童話館までの道がわからない方は、当日までに九度山町教育委員会社会教育課(0736-54-2019)にお電話をいただけましたら、町役場から童話館まで送迎してくださるそうです。

|

2020年4月28日 (火)

大阪音楽大学、声楽教員のみなさまの歌声

大阪音楽大学の声楽の先生方が、学生のみなさん宛に動画を作られました。
先生たちの歌声をお聴きください。
“元気をお届け”〜歌編Vol.1~は、石橋栄実さんの「瑠璃色の地球」、晴雅彦さんの「時代」

“元気をお届け”〜歌編Vol.2~は、松田昌恵さんの「日記帳」、田中由也さんの「レ・ミゼラブルよりStars」

“元気をお届け”〜歌編Vol.3~は、荒田祐子さんの「Amazing Grace」、田中 勉さんの「マイ・ウェイ」

ここには掲載しませんでしたが、もうひとつ、“元気をお届け”〜メッセージ編~「新入生・在学生の皆さんへ」という動画も作られています。
その中で、「こんな今だからこそ、ぜひ、自分の歌とじっくり向き合う、良い時間を過ごして下さい」というメッセージを伝えておられました。
学生さんたちへだけでなく、歌を愛するすべての人達に、この言葉を贈りたいと思います。

 

|

2020年4月 8日 (水)

花ーこの状況で

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
コロナウィルスにより、レッスンがお休みになった方も多いと思います。
今は、おうちで音楽を楽しみましょう。
外では桜が満開です。
「お花見ができなくて寂しい」とお思いの方。
瀧廉太郎の「花」を聴いて、「花」を歌って、心の中でお花見をしましょう。
あなたの歌で、お部屋に満開の花が咲きますように。

 

 

|

2019年11月12日 (火)

コンサートのご案内-「第2回森の秋コンサート」

               20191123_20191112151501

「くどやま森の童話館主催 第2回森の秋コンサート」のご案内です

11月23日(土曜日)に、九度山町の「くどやま森の童話館」において、第2回森
の秋コンサートが開催されます。
午後1時会場、午後1時半開演、3時終演。入場料・参加費は無料です。

和歌山県の九度山町は、真田幸村親子の物語の舞台としても有名な土地です。
その九度山町にある「くどやま森の童話館」は、現在休校になっている旧久保小
学校の校舎を利用した施設で、建物は懐かしい木造校舎です。橋本市から高野町
に至る高野参詣道「黒河道(くろこみち)」(世界遺産)のほぼ中間点にあたる
山奥に位置しています。
自然豊かな、歴史ある土地で行われるコンサートをお楽しみください。

<プログラム>
第一部 
  ピアノ演奏:遠藤史
  バッハ     「平均律クラヴィーア曲集第1巻」より プレリュードとフーガ ハ長調
  モーツァルト   ピアノ・ソナタ K.332 第2楽章
  ショパン     マズルカ(Op.50-1, Op.50-2)、ポロネーズ「軍隊」(Op.40-1)
  ドビュッシー 「映像第1集」より「水の反映」
  シベリウス   村の教会(Op.103-1)、ロマンティックな情景(Op.101-5)

第二部
  チェロ独奏:デュプイ・ロビン
  バッハ       無伴奏チェロ組曲
  オリジナル曲

 チェロ演奏:デュプイ・ロビン、ピアノ伴奏:遠藤史 
  ベートーヴェン チェロ・ソナタ イ長調 Op.69より 第1楽章
      フォーレ           夢のあとに、月の光

<プロフィール>
 ピアノ:遠藤 史(えんどう・ふびと)
    長野県松本市生まれ。和歌山大学教授
 チェロ:デュプイ・ロビン
    高野町に住むフランス出身のチェロ演奏家

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

コンサートのご案内-「栗木充代メゾ・ソプラノリサイタル」

1 2

「栗木充代メゾ・ソプラノリサイタル-対話する時間Ⅲ」のご案内です。
9月27日(金) 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールにて。
18:30開場、19:00開演、入場料は3,000円(全席自由)です。

栗木充代(M.S.) 益子明美(Pf.)

神戸女学院小ホールでのリサイタルシリーズ「対話する時間」の3回目のコンサートです。
今回は、「去る者、残される者、両者の"対話する時間"」に会えるプログラムで構成されています。

ブリテンの民謡編曲集から4曲、マーラーの「子供の不思議な角笛」から数曲、フォーレの秋の歌、コルンゴルドの「別れの歌」などが演奏されます。栗木さんの「対話する時間」に、私たちも加わってみてはいかがでしょうか。


<プロフィール>
 栗木充代:京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学院音楽研究科声楽専攻修了。
兵庫県独唱独奏コンクール1位。第29回フランス音楽コンクール入選、フランス総領事賞受賞。第11回日仏声楽コンクール入選、奨励賞受賞。第11回友愛ドイツ歌曲コンクール3位。
2016年よりピアニスト益子明美氏との連続リサイタルを開催。
現在、神戸音楽家協会、神戸フォーレ協会、神戸波の会、ひょうご日本歌曲の会、歌曲研究会「ソワレの会」各会員。すずらんコーラスヴォイストレーナー。

 益子明美:大阪音楽大学ピアノ科卒業。ニューイングランド音楽院大学院ピアノ科修了。同大学院室内楽・伴奏科修了。
コラボレイティブ・ピアニストとして、ベルリンを本拠にヨーロッパ、アメリカ、日本各地で活躍。現代音楽の演奏においても幅広く活動し、武満徹、マイケル・ティペット、ジョン・ケージらの作品を作曲家のもとで演奏する。
CDもリリースされており、2013年度ドイツ音楽制作協会クラシック部門においてグランプリを受賞している。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧